【ウイイレアプリ2021】イェストーロプ監督人選解説!「4-3-3ではなく4-3-1-2」

ウイイレアプリ2021

こんにちはkonohaです。今回は使っている人もかなり多いと思われる、4-3-1-2フォーメンション、

イェス トーロプ監督について人選解説を行いたいと思います。

監督詳細

この監督のフォーメンションと裏数値はこちらです。

オフェンシブ戦術ディフェンシブ戦術
フォーメンション4-3-1-24-3-1-2
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ
パスのサポート距離45
ディフェンスラインの高さ32
守備のコンパクトネス56
攻撃人数多い多い
守備人数

正直裏数値はどれも真ん中くらいであまりパッとしないですね、、笑

おすすめの戦術はディフェンシブ戦術です。守備のコンパクトネスとパスのサポート距離がどちらもオフェンシブより高いので、守備がしやすく、攻めやすいといえます。

ポジション人選解説

僕が組んだスカッドはこちらになります。

それぞれのポジションごと解説していきます。

CF

CFは片方ボックスストライカー、もう片方は無印を起用しています。ここで、CFに求める能力としては片方はオフェンスセンス決定力が高く点が取れる選手、もう片方は競り合いが強くボールをキープできる選手を起用します。上の能力があるなら、ラインブレイカー&ボックスストライカーでもラインブレイカー&無印でも、全然大丈夫です!

ただし、ボックスストライカー&ボックスストライカーはやめましょう。裏に抜ける選手がCFに一人もいないとスルーパスが出しにくいので、、笑

・その他おすすめ選手

 ルンメニゲ、レヴァンドフスキ、ムバッペ、スアレス、アグエロ

OMF

OMFは二列目からの飛び出しが安定だと思います。OMFには積極的に2枚のCFと絡んで、点を取りに行ってもらいたいのでオフェンスセンス、決定力が高く、スピードがそこそこある選手を起用します。

ヨハン・クライフを起用していますが、その他のおすすめ選手としては、カイ ハフェルツ、ブルーノフェルナンデスなどなど!

CMF

CMFはBox to Boxもしくは、ハードプレスを起用します。ここで起用する選手は守備もでき、攻撃参加もできる攻守に優れた選手を起用しましょう。攻撃時には積極的に攻撃に参加し、守備時には相手からボールを奪い、カウンターを狙うためです。また、フィールドを動き回ることで、sbやomfのパスの出手にもなってくれます。

・その他の攻守に優れたCMF

 サウール、ヌドンベレ、カンテ、ジョーダンヘンダーソン、ナインゴラン、パトリックヴィエラ

攻守両刀のcmfについてはまた、別に記事に書きます。

DMF

DMFはアンカーが安定です。両CMFと両SBが攻撃に参加して、前線に上がると自陣に残るのはCB2枚だけになるので、カウンター対策として、攻撃時にあまり上がらず、自陣に残るアンカーを起用します。ここで起用するアンカーですが、守備能力が高く、パス数値も高いアンカーを起用しましょう。

・その他おすすめ

 バリオス、ファビーニョ、エンディディ

CB

CBはオーバーラップ以外の選手で自分が信頼できるCBを置きましょう!ディフェンスラインが低いので、裏抜けはされにくいと思います。守備能力の高さを重視してCBを起用しましょう。

SB

両SBは攻撃的サイドバックを起用します。積極的にサイドからオーバーラップして攻撃に参加することで、ワイドレーンを攻略します。(赤の円のとこ)サイドからのクロスも得点源の一つでもあるので、SBはピンポイントクロス持ちで、スピード数値がそこそこ高い選手を起用します。守備能力があるとなおいいです。

・その他おすすめ

 アレクサンダーアーノルド、セルジーニョデスト、キーランティアニーなど!

GK

GKは自分が信頼のおけるGKを起用しましょう!僕はノイアーを起用しています。低速弾道パンとキック持ちで、GK系能力がほぼカンストされているのでまじ強い、、

終わりに

今回はイェス トーロプ監督の人選解説について記事を書きました!この監督は僕が沼にハマって、レートを100くらい落とした時に使って沼を脱却できたので、それ以来愛用しています。

皆さんもぜひ使ってみてください!

あと、この度twitterアカウントを作ったのでフォローの方よろしくお願いします。🙇‍♂️

ウイイレ関連の記事を中心に記事を書いていこうと思います。

twitterアカウント⇨@Konoha47906570

他の監督に関する記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました